志をもって努力できればよい看護師になれる

「自分は看護師に向いているのだろうか?」
そんな疑問は看護師なら誰もが一度は持ったことがあるのではないでしょうか?

看護師に向いているか、向いていないか。
どんな人が看護師に向いているのでしょうか?

まずはどうして自分が看護師になりたいと考えたのかを考えてみましょう。
小さい頃からの夢だったから?
入院したときにお世話になった看護師さんに憧れて?
給料がいいから?
仕事がたくさんあるから?
制服に憧れて?
病気の人の役に立ちたい?
・・・それぞれに看護師を志したきっかけがあったはずです。

看護師の仕事は人の命と向き合い、医師を始め、検査技師やリハビリに関係する人、同僚の看護師などと協力して、患者や家族の気持ちに寄り添って働くことです。
決して楽な仕事ではありませんし、日々進歩する医療技術や機器について、ひとりひとり違う患者の症例について、勉強しなければならないこともたくさんあります。
シビアな職場であるだけに、ストレスも多いですし、人間関係に悩む看護師も少なくありません。
体力的にも日勤と夜勤の交替勤務がありますし、厳しい職場であると言えます。

ただ「こういうことができる」「こういう人だから」できる、こうでなければできないということはありません。
志があって、看護師を目指し、そして続けていく気持ちがあって、努力できれば誰でもよい看護師になることはできるのです。

看護師不足が深刻化している現在の日本において、看護師の求人はたくさんあります。
看護師の免許を取得して、看護師としての仕事を希望するのであれば、まず仕事が見つからない、就職先が決まらないということはないといっても過言ではありません。
看護師にはなれるのです。

問題は看護師として働き続けることができるかどうかということなのです。
看護師は離職率の高い仕事とも言われています。
これは看護師に女性が多く結婚や出産というライフイベントを気に離職する看護師が多いということ、そして看護師の仕事の理想と現実のギャップに耐えられずに辞めていく看護師が多いということです。
もちろん、そういう看護師も多いというだけで、長く勤務を続け、一生の仕事として看護師の仕事を続けている人もたくさいます。

長く看護師として働いていくためには、本人の適正というよりむしろ働く環境をよく選ぶことが大切なのかもしれません。
自分が働きやすい環境をまず選ぶことが大切です。

Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>